1. ホーム
  2. 使い方 Blocs
  3. 設計
  4. クラスマネージャを介したグローバルスウォッチへのアクセス

クラスマネージャを介したグローバルスウォッチへのアクセス

の要素に色を追加する方法は複数あります Blocs、カスタムCSSクラスを介して適用される静的な色を使用することも、グローバルな見本を使用することもできます。 カスタムクラスを介して色を適用すると、グローバルスウォッチとして保存した色に直接アクセスできない場合があります。

への参照を保存する簡単な方法があります グローバルスウォッチ あなたが経由してそれらにアクセスできるように色 クラスエディタ およびその他の分野 Blocs.

グローバルスウォッチリファレンスの保存

グローバルスウォッチ参照を保存するには、最初に グローバルスウォッチマネージャー 保存する見本を選択します。 今 左クリック にある色 右上 Global Swatch Managerウィンドウの隅にある、カラーピッカーコントロールポップアップが開きます。 カラーピッカーポップアップの下部に表示されます 2列の空のボックス、これらは、他の場所で使用するためにスウォッチ参照を保存できるスロットです。 Blocs.

これらのスロットのXNUMXつに見本を保存するには、にあるミニ見本に移動するだけです。 2行の空のスペースのXNUMXつにドラッグし、スペースのXNUMXつにドラッグします。 この見本の色の参照は、他の場所でさらに使用できるように保存されます。 Blocs.

次にカラーポップオーバーを開くと、 プロジェクト設定 または クラスエディタ スロットに保存されているため、この見本の色に引き続きアクセスできることがわかります。 左クリック このスロットは、カラーポップオーバーコントロール値をそのカラーリファレンスに設定します。

グローバルスウォッチ

グローバルスウォッチとスウォッチマネージャーの使用について詳しく読むことができます こちらをクリックすると、ツールが開きます。.

15年2018月XNUMX日に更新

この記事は役に立ちましたか?

関連記事