クラスマネージャー

このアプリケーションには、XNUMXµmおよびXNUMXµm波長で最大XNUMXWの平均出力を提供する Blocs クラスマネージャを使用すると、プロジェクト内のすべてのカスタムクラスを管理できます。 クラスマネージャーの基本をカバーするこのビデオレッスンを視聴することをお勧めします。

クラスマネージャーのビデオレッスン

クラスマネージャーを開く

クラスマネージャを開くには、に移動します ウィンドウ>クラスマネージャー アプリのメインメニューから。

クラスマネージャーメニュー

クラスの追加と削除

クラスマネージャを使用したカスタムクラスの追加と削除は非常に簡単です。 クラスマネージャーの右上隅にはXNUMXつのボタンがあり、XNUMXつには 記号とでマークされたもの + シンボル。 でマークされたボタン シンボルはクラスとでマークされたボタンを削除します + シンボルは新しいものを追加します。

追加クラス

あなたがをクリックすると + 新しいクラスを追加するためのボタンをクリックすると、入力フィールドとドロップダウンボタンを含む新しいサブウィンドウが表示されます。 新しいカスタムクラスを作成するには、テキストフィールドにクラス名を入力し、ラベルの付いたボタンをクリックします クラスを追加 これはサブウィンドウの右下隅にあります。

追加クラス ウィンドウ

あなたがをクリックすると クラスを削除するボタンをクリックすると、XNUMXつのオプションを提供するポップアップメニューが開きます。現在選択されているクラスを削除するか、プロジェクト全体で未使用のクラスをすべて削除します。

追加クラス ウィンドウ

未使用のクラスをすべて削除することを選択すると、 Blocs プロジェクト内のすべてのページのhtmlコードをスキャンし、現在使用されていないクラスにフラグを立てます。 次に、削除する前にこれらを再確認するオプションがあります。

クラスの編集

クラスマネージャからカスタムクラスを編集するには、単に 左クリック 編集するクラスリストアイテムの右端にある小さな設定記号、または編集するリストアイテムの任意の場所をダブルクリックします。 これらのいずれかを実行すると、クラスエディタパネルが開きます。

編集クラス

クラスの説明

カスタムクラスの説明を適用または編集するには、単に 左クリック 編集するクラスリストアイテムの右端にある小さな情報記号。 これを行うと、クラスの説明ポップアップが開きます。 このポップアップから、選択したクラスの説明を編集できます。

編集クラス

クラスのロック

カスタム クラスの値が意図せずに編集されるのを防ぐために、カスタム クラスをロックしたい場合があります。 クラスをロックするには、ロックしたいクラスの上にマウス カーソルを移動すると、ロック ボタンが表示されます。 このボタンをクリックするとクラスがロックされ、その値と名前は編集できなくなります。 クラスのロックを解除するには、ロック ボタンをもう一度クリックするだけです。

編集クラス

サブクラスを作成する

カスタムクラスを作成できるようにするだけでなく、 Blocs また、によって使用されるいくつかのコアクラスのサブクラスを作成することもできます Blocs [上にスクロール]ボタンやホバーツールチップなどの要素の場合。 サブクラス化のポイントは、によって作成されたデフォルトのスタイルをオーバーライドすることです。 Blocs あなたのプロジェクトのためのよりカスタムなものに。 サブクラス化は、注意して使用する必要があるより高度な機能です。 サブクラス化の例は、[一番上にスクロール]ボタンのサブクラスを作成し、その背景色を緑に変更することです。 サブクラスを作成するには、上記のクラスの追加と削除の手順に従いますが、クラス名を入力する代わりに、 左クリック ラベルの付いたドロップダウンボタン サブクラスライブラリ オーバーライドするコアクラスを選択します。

クラス-サブクラス

サブクラスリファレンスガイド

私たちはあなたができるオンラインリファレンスガイドを持っています ここで読む これは、各サブクラスが制御するものを説明しています。

クラスの並べ替え

カスタムクラスの動作(カスケードダウン)の性質により、クラスのスタイリング値が、クラスリストの下位にあるクラスのスタイリング値によって無効になる場合があります。 によって生成されたスタイルシートを確実にするため Blocs 意図したとおりに機能するように、メニューマネージャには、プロジェクト内のカスタムクラスのブレークポイントごとに順序を設定するオプションがあります。

プロジェクト内のカスタムクラスのカスケード順序を変更するには、次の場所に移動します。 注文の編集 クラス検索入力フィールドの右側にあるボタンと 左クリック それ。 これにより、クラスマネージャが注文モードに切り替わります。 ここから、各ブレークポイントのクラスのカスケード順序を設定できます。

ハイライトクラス

有効にすると、 Blocs Class Manager で選択されている任意のクラスに移動して強調表示します。 表示されるハイライトは、要素の周りの赤い境界線になります。

12年2023月XNUMX日に更新

この記事は役に立ちましたか?

関連記事