カラム制御

列は、内の重要な構造要素のXNUMXつです。 Blocs アプリケーションと一緒に 影響により Bloc コンテナは、サイトレイアウトを構築するための基盤を形成します。 列には、カスタマイズできるさまざまなオプションがあります サイズ, オフセット, 注文 影響により コンテンツの配置。 すべてのオプションはブレークポイントごとに調整できます。つまり、表示されている画面サイズに基づいて列のレイアウトを調整し、最適なモバイルユーザーエクスペリエンスを実現できます。

初心者向けのヒント

列の親行 削除されたデジタルマスターを復元することはできません 少なくともXNUMXつの列が含まれていない状態で存在するため、行内の最後の列を削除することはできません。 行内の最後の列が削除されると、別の空の列が自動的に追加されます。

列の選択

列内にネストされているコンテンツは列のスペース全体を占める可能性があるため、デザインキャンバスから直接選択するのは難しい場合があります。 列を選択する最も簡単な方法は、レイヤーツリーを使用することです。

列幅

列にはさまざまな幅設定があり、キャンバスコントロールまたはサイドバーインスペクターコントロールを使用して適用できます。 列のサイズを変更する最も簡単な方法は、デザインキャンバスで列を選択し、にあるサイズ変更ハンドルをドラッグすることです。 右側 列選択マーカーの。

固定サイズ

内のレイアウトグリッド Blocs に分割されます 12列 利用可能なものを満たすために均等なサイズである メインサイトコンテナ スペース。 列のサイズは1から12まで固定できます。列のサイズが固定の場合、このスペースを12列に分割したときに許可されるスペースの正しいパーセンテージを満たすのに十分なスペースのみを占有します。 たとえば、列の幅が 6、それは12の半分を占めるでしょう、それはそれが占めることを意味します 50% 画面スペースの。

継承されたサイズ

列のサイズがに設定されている場合 ∞を継承 すべてのブレークポイントで、修正されなくなり、代わりに親行内の列数に基づいてサイズが自動的に設定され、使用可能なスペースが均等にカバーされます。 たとえば、 2列 に設定 継承する、各列が占める 50% 利用可能なスペースの。

初心者向けのヒント

サイズの継承オプションを使用する場合、列の幅の値が低いブレークポイントに設定されていないことを覚えておくことが重要です。そうしないと、列の幅が最も近い低いブレークポイントの幅の値を代わりに継承します。

列オフセット

列オフセットを使用すると、列の左側にあるオフセットスペースを設定できます。これを使用して、列を水平方向に中央揃えしたり、列間にスペースを作成したりできます。 列のオフセットを設定する最も簡単な方法は、デザインキャンバスで列を選択し、にあるオフセットハンドルをドラッグすることです。 左側 列選択マーカーの。

初心者向けのヒント

列のオフセットを変更すると、列が列の右側にプッシュまたはプルされ、場合によっては(使用可能な水平方向のスペースが十分にない場合)、列が新しい行に移動されます。

列の順序

列の順序コントロールは、初めて使用するときに少し混乱する可能性があります。 これは、正しく設定されていないと、設定が効果がないように見える場合があるためです。 列の順序コントロールを使用すると、親行内の列の順序を設定できます。デフォルトでは、列は物理的に存在する順序(DOMツリー内)で左から右に順序付けられます。

列の順序を理解する

列の順序値がカスタマイズされている場合、その列は常にすべての列の後に表示されます。 しない カスタムオーダーを適用します。 だからあなたが持っているなら 2列 最初の列をに設定します 注文1 同じ1番目の位置に留まるのではなく、2番目の列の後ろに移動します。 これは、列が最初に配置されるように設定されていますが、親行内の他の列にはカスタム順序設定がないため、カスタム値を持つ列の前に表示されるためです。 次に、1番目の列であったものにカスタム注文を適用し、現在は最初で注文位置をXNUMXに設定すると、列の最後に移動し、列の後ろにカスタム注文がXNUMX。

列の順序とそれがBootstrap4でどのように機能するかについて詳しく知ることができます 詳細を見る.

列の配置

列の配置コントロールを使用すると、列をすばやく簡単にに配置できます。 top, 真ん中 or ボトム 親行の。 これらのコントロールを使用すると、列内のすべての要素を親列の高さ全体に強制的に拡大することもできます。これは、カードが必要な場合に役立ちます。 Brics 高さが均等になるようにします。

初心者向けのヒント

サイドバーインスペクター内にあるセグメント化された列コントロールは、左右の矢印の間にある数字セクションにマウスを合わせ、マジックマウス(x1指)またはトラックパッド(x2指)を左右にスワイプするだけですばやく調整できます。

WordPressのループ

プロジェクトに CMSオプション WordPressに設定すると、サイドバーインスペクターで、WordPressコンテンツループのセットアップを可能にする追加のコントロールセットを使用できるようになります。

種類

このオプションは、ループの型変数を設定するために使用されます。

ポスト

この列はポストループアイテムのテンプレートになり、WordPressのポストデータフィードを含む要素はそれに応じて入力されます。

ページ

この列はページループアイテムのテンプレートになり、WordPressページデータフィードを含む要素はそれに応じて入力されます。

コンテンツ

この列はコンテンツループアイテムのテンプレートになり(コンテンツループアイテムは通常、アーカイブ、作成者、カテゴリ、タグ、検索結果ページのテンプレートにあります)、WordPress投稿データフィードを含む要素はそれに応じて入力されます。

全て

この列は、標準の投稿、ページ、およびすべてのカスタム投稿タイプのループアイテムのテンプレートになり、WordPress投稿データフィードを含む内部の要素はそれに応じて入力されます。 これにより、すべての投稿タイプと標準ページタイプが出力されます。

すべての投稿タイプ

この列は、標準の投稿とすべてのカスタム投稿タイプのループアイテムのテンプレートになり、WordPressの投稿データフィードを含む要素はそれに応じて入力されます。 これにより、テーマがサポートするすべての投稿タイプが出力されます。

すべてのカスタム投稿タイプ

この列は、すべてのカスタム投稿タイプループアイテムのテンプレートになり、WordPress投稿データフィードを含む要素はそれに応じて入力されます。 これにより、テーマがサポートするすべてのカスタム投稿タイプが出力されます。

カスタムポストタイプ

この列は、関連するカスタム投稿タイプループアイテムのテンプレートになり、WordPress投稿データフィードを含む要素はそれに応じて入力されます。

初心者向けのヒント

を介して追加された追加のカスタム投稿タイプ WordPressカスタムデータマネージャー タイプオプションに追加されます。

著者

このオプションは、ループの作成者変数を設定するために使用されます。

全て

ループはすべての作成者からの投稿を返します。

投稿者

ループは、現在の投稿者からの投稿を返します。

現在の使用者

ループは、現在ログインしているユーザーの投稿のみを返します。

ページごとの投稿

このフィールドに入力された数は、最大ループ制限として使用されます。 6を入力すると、ループ後の結果は6ページあたりXNUMX項目のグループにページ分割されます。

カテゴリID

ループは、これらのカテゴリIDの投稿を含むようにフィルタリングされます(複数の値をコンマで区切ります)。

カテゴリタグ

ループは、これらのカテゴリのタグを持つ投稿を含むようにフィルタリングされます(複数の値をコンマで区切ります)。

投稿IDを除外する

ループは、これらのIDを持つ投稿を除外するようにフィルタリングされます(複数の値をコンマで区切ります)。

27年2021月XNUMX日に更新

この記事は役に立ちましたか?

関連記事