1. ホーム
  2. 使い方 Blocs
  3. カスタムクラスライブラリ
  1. ホーム
  2. デザイン
  3. カスタムクラスライブラリ

カスタムクラスライブラリ

クラスライブラリを使用すると、ユーザーは作成したカスタムクラスを保存して、任意のプロジェクトで再利用できるようになります。

クラスを保存する

クラスライブラリにカスタムクラスを保存する方法はXNUMXつあります。XNUMXつは クラスマネージャー もうXNUMXつはクラスエディタを介して。

クラスマネージャーでクラスを保存する

クラスマネージャを使用してカスタムクラスをクラスライブラリに保存するには、 右クリック クラスリストの項目を選択し、 ライブラリにクラスを追加する コンテキストメニューから。

クラスマネージャーでクラスを保存する

クラスエディタでクラスを保存する

クラスエディタを使用してカスタムクラスをクラスライブラリに保存するには、[ + の間にあるボタン delete 影響により 行われ クラスエディタウィンドウの下部にあるボタン。

クラスエディタでクラスを保存する

保存されたクラスを使用する

以前に保存されたカスタムクラスを使用するには、 + 右上隅のボタン クラスマネージャー サブクラスライブラリのドロップダウンから、追加するカスタムクラスを下から選択します。 カスタムクラスライブラリ サブメニュー。

カスタムクラスを使用する

初心者向けのヒント

サブクラスメニューから保存されたカスタムクラスを選択すると、名前入力フィールドを使用してその名前を変更できます。保存されたクラスのすべてのルール値は、名前が異なっていても、新しいクラスに自動的に追加されます。 。

保存されたクラスを管理する

クラスライブラリに保存されているすべてのカスタムクラスを管理するには、メインメニューに移動します ウィンドウ>クラスライブラリマネージャー。 ここから、ライブラリに保存されているクラスをXNUMXつ選択し、[ ボタン。

クラスライブラリを開く

15年2021月XNUMX日に更新

この記事は役に立ちましたか?

関連記事