レイヤーツリー

レイヤーツリーには、現在選択されているページの構造全体の概要が表示されます。 ここでは、ロックされているかどうかなど、各レイヤーの各属性を表示したり、レイヤーの名前を変更したり並べ替えたりしてドキュメントを整理することができます。

レイヤーオプション

レイヤーツリーの任意のレイヤーを右クリックすると、そのレイヤーの編集オプションが表示されます。 これらのオプションから、次のことが可能です。 削除, 重複ファイル > 展開/折りたたみ 現在選択されているレイヤー。 これらのオプションを使用すると、 Blocs 他のページへ, 店舗 Blocs セクションに Bloc ライブラリ を割り当てるには カラーキー レイヤーに変換します。これは、キーレイヤーを整理および識別するための優れた方法です。

レイヤーを非表示

マウスカーソルをレイヤー上に移動すると、その右側に目の記号が表示されます。 この目の記号をクリックすると、デザインキャンバス上のレイヤーの表示を切り替えることができます。

初心者向けのヒント

レイヤーツリーの可視性は、デザイン環境内のエフェクト要素のみを制御します。 ブレークポイントに基づいて要素の可視性を制御する場合は、オブジェクトインスペクターを使用します 視界制御.

レイヤーの名前を変更する

レイヤーツリーのレイヤーは、レイヤーのタイトルをクリックして編集用にアクティブ化するだけで簡単にカスタマイズできます。 レイヤー名を元の事前に割り当てられた名前にリセットする場合は、 右クリック レイヤーを選択して選択します レイヤー名をリセット コンテキストメニューから。

ページを選択

レイヤー ツリーの上部には、ページ選択ドロップダウン メニューがあります。 このメニューを使用すると、Web サイトの任意のページにすばやく移動できます。

レイヤーツリーの設定

レイヤーツリーには、レイヤーツリーの機能をカスタマイズするためのさまざまな設定が用意されています。

選択したものまでスクロールします

有効にすると、[選択にスクロール]オプションは、デザインキャンバスを現在選択されているレイヤーツリーアイテムにスクロールして、デザインキャンバスの垂直方向の中央に表示されるようにします。

レイヤータイトルにIDを含める

有効にすると、レイヤーツリーはレイヤー名の一部としてオブジェクトIDを表示します。

レイヤータイトルにクラスを含める

有効にすると、レイヤーツリーはレイヤー名の一部としてオブジェクトのカスタムクラスを表示します。

ソロモード

有効にすると、ソロモードは、現在選択されているアイテムに基づいてレイヤーツリーアイテムを自動的に展開および折りたたみます。 これは、レイヤーツリーをより大きなプロジェクトで整理するのに役立ちます。

すべて展開

このボタンを使用すると、レイヤーツリー内のすべてのレイヤーをすばやく展開できます。

すべて折りたたむ

このボタンを使用すると、レイヤーツリー内のすべてのレイヤーをすばやく折りたたむことができます。

グローバルエリアレイヤー

もし Bloc レイヤーツリー内のレイヤーの左側に青い先端があります。これは、 Bloc その内容は現在、プロジェクトのXNUMXつに含まれています グローバルエリア、つまり、すべてのページに表示されます。

ロックされたレイヤー

ほとんどのレイヤーは自由に移動および削除できますが、一部のレイヤーはロックされています。 それらがロックされている理由は、サイトのレイアウトと機能が損なわれるだけなので、それらが削除されたり、場所がずれたりするのを防ぐためです。

初心者向けのヒント

ロックされたレイヤーは移動または削除できませんが、カスタムクラス、アニメーション、その他の設定を適用して、サイトをより詳細に視覚的に制御できます。

8年2022月XNUMX日に更新

この記事は役に立ちましたか?

関連記事