1. Home
  2. 使い方 Blocs
  3. Wordpressの
  4. WordPressカスタムデータマネージャー

WordPressカスタムデータマネージャー

WordPressカスタムデータマネージャーを使用すると、カスタムの投稿とフィールドのデータ型を作成および管理できます。 カスタムデータマネージャーにアクセスするには、に移動します ウィンドウ> WordPressカスタムデータマネージャー メインメニューから。

データタイプの選択

[カスタムデータマネージャー]ウィンドウの左上にあるドロップダウンメニューを使用して、切り替えることができます カスタム投稿 影響により カスタムフィールド データ型。

add-class-window

データ型の追加と削除

カスタムデータマネージャーを使用したカスタムデータ型の追加と削除は非常に簡単です。 データマネージャーの右上隅にはXNUMXつのボタンがあり、XNUMXつには 記号とでマークされたもの + シンボル。 でマークされたボタン 記号は、選択したデータ型と、でマークされたボタンを削除します + シンボルは新しいものを追加します。

add-class-window

クリックすると作成されるカスタムデータ型 + ボタンは、データ型ドロップダウンメニューで設定されている現在のモードによって異なります。 このメニューがに設定されている場合 カスタムポストタイプ メニューがに設定されている場合、新しいカスタム投稿タイプが追加されます カスタムフィールドタイプ 新しいカスタムフィールドタイプが追加されます。

カスタム投稿

新しいとき カスタム投稿タイプ プロジェクトに追加されると、で利用可能になります WordPressループオプション にあります サイドバーインスペクターオプション 列が選択されたとき。

カスタム投稿タイプには、投稿タイプと同じ名前の専用ページテンプレートも必要です。 適用する必要はありません シングル プレフィックスとして Blocs エクスポート時にこれを自動的に管理します。

初心者向けのヒント

新しいカスタム投稿ページテンプレートをサイトに追加するときは、WordPress管理者内でパーマリンク設定を再保存するように注意してください。

カスタムフィールド

新しいとき カスタムフィールドタイプ プロジェクトに追加されると、サイドバーインスペクターにあるテキストおよび画像データフィードのドロップダウンメニューに表示されます。 を使用して、カスタムフィールドタイプの出力を表示することもできます。 カスタムフィールドのショートコード.

データ型の編集

カスタムデータ型を編集するには、単に 左クリック 編集するアイテムの右端にある小さな設定記号。 これを行うと、専用の編集コントロールが開きます。

add-class-window

12年2021月XNUMX日に更新

この記事は役に立ちましたか?

関連記事